胃・大腸カメラ

082-292-8881

アクセス

広島市中区榎町3-24
駐車場あり
広島電鉄十日市駅から西へ
徒歩5分

診療時間

 
9:00
|
13:00
15:00
|
18:30
(受付18:10迄)

休診 水・土の午後、日祝

胃腸科、一般内科

胃カメラのご案内

細径内視鏡について

当院は細径内視鏡で検査を行っています。検査は『鼻から』『口から』どちらでも可能です。

  • 『鼻から』
  • 『口から』

細径内視鏡はこれまでの内視鏡と比較して細いので、口から挿入した場合、通常の内視鏡に比べて喉の不快感が軽減します。

また、鼻から挿入した検査は従来の口からの検査と比較すると、より患者様の負担を軽減します。

患者様の鼻の状態で鼻から挿入することが困難な場合、口からへ切り替えます。

経鼻内視鏡検査のメリット

メリット1 内視鏡検査中に会話可能
経鼻内視鏡は鼻から内視鏡を通すので検査中に状況を把握したいとき、質問したいとき自由に医師との会話が可能です。
メリット2 吐き気が起きにくい
経鼻内視鏡は喉を通らないので不快感をあまり感じることなく検査を受けられます。
メリット3 不快感が軽減できる
経鼻内視鏡は直径約6mmの細さなので強い麻酔をかけずにスムーズに検査可能です。当日運転も可能です。

鎮静剤使用について

当院では希望者に鎮静剤を使った無痛内視鏡を行っております。

鎮静剤を注射することで眠っている間、もしくはボーっとしている間に検査を受けることができます。

嘔吐反射が強い方、検査に対する不安が強い方にお勧めします。

※検査後は院内で1時間ほど休憩していただきます。鎮静剤を使用した方は翌日まで車、バイク、自転車の運転はできません。

大腸カメラのご案内

大腸カメラとは

肛門から内視鏡を挿入して大腸の中を直接観察する検査です。レントゲンやCTでは発見が難しい大腸がんやポリープの発見に有効です。

大腸ポリープの大きさによっては、その場で切除することが可能です。

軸保持短縮法について

大腸に内視鏡を入れる際、内視鏡を無理に押し進めると腸が伸ばされて痛みを生じることがあります。

一方当院では『軸保持短縮法』で挿入しています。挿入時に空気をほとんど入れず、腸を丁寧に折りたたんで伸ばさないように内視鏡を挿入していく方法です。体への負担を減らすことで内視鏡検査の苦痛を減らす工夫をしています。


  • 腸を伸ばす内視鏡挿入法
    (痛みが出やすい)

  • 軸保持短縮法による
    内視鏡挿入法
    (痛みが出にくい)

鎮静剤使用について

胃カメラ同様、鎮静剤を用いた内視鏡検査が可能です。

鎮静剤による鎮痛・鎮静作用により苦痛を大幅に減らすことができます。

※検査後は院内で1時間ほど休憩していただきます。鎮静剤を使用した方は翌日まで車、バイク、自転車の運転はできません。

日帰りポリープ手術について

大腸がんはポリープが癌化して発生することが多いため、当院では大腸ポリープをその場で切除し、大腸がん予防につなげています。大きなポリープやポリープを多数認めた場合は、入院施設のある連携病院へ紹介をさせて頂く場合があります。治療後1週間は出血リスクがあるため、飲酒、遠方への外出、運動、サウナなどは控えて頂きます。

大腸カメラの流れ

1.検査前(一度受診が必要です)
・検査日の予約、食事制限の説明、前処置薬の処方(2日前から服用していただきます)をします。
・心疾患、緑内障、前立腺肥大のある方は申し出て下さい
・血液サラサラの薬(抗血小板剤、抗凝固剤など)を服用されている方は申し出て下さい。
2.検査当日、腸管洗浄の開始
・自宅あるいは当院にて腸管洗浄液を約2時間かけて服用し、排便します。 
 便がきれいになっていれば下剤が残っていてもその時点で服用を終了してくださいc
・個人差はありますが腸内がきれいになるまでに2〜3時間かかります
3.検査開始
・貴金属を外していただき、検査着に着替えてから検査を行います。
・希望者には鎮静剤の注射をします。
・ポリープがあれば切除します(事前の同意が必要です)。
4.検査後
・鎮静剤を使用した場合は検査終了後、約1時間休んでいただいてから説明します。
5.帰宅後
・鎮静剤を使用した方は翌日まで運転はできません。
・ポリープを切除した場合、1週間は飲酒、遠方への外出、運動などを控えていただきます。
6.病理結果説明
・ポリープを切除した方は2週間後に再診していただき、病理結果を説明します。

検査費用について

胃カメラ

検査名 1割負担の方 3割負担の方
検査のみ(診察料・薬剤料を含む) 約1,500~2,000円 約4,500~5,500円
病理組織検査が必要となった場合 プラス約1,500円~2,500円 プラス約4,000円~7,500円

※広島市在住で50歳以上の方は、広島市が発行している胃がん検診受診券が使えます。

大腸カメラ

検査名 1割負担の方 3割負担の方
検査のみ(診察料・薬剤料を含む) 約2,500~3,000円 約7,000~9,000円
病理組織検査が必要となった場合 プラス約1,500円~4,000円 プラス約4,000~11,000円
大腸カメラポリープ切除(ポリープの数・大きさにより金額が異なります) 約7,000円~11,000円 約20,000~33,000円

PAGETOP